お知らせ

さくら支部 健康講座を開催しました!

2017年08月15日 | カテゴリ : お知らせ

今日は重見先生が担当しているさくら支部で学習講演があり、重見先生が初めて講師として参加しました。いろいろとテーマをいただいた中から焦点を絞り、毎月青空健康チェックで実施する体組成計の項目についての詳しい説明と血圧についてお話をしました。体脂肪を下げるには?一日に必要なカロリーや水分量は?血圧の日内変動や正しい測定の仕方など、組合員さんが日々取り組めることを中心にクイズなどを交えながらわかりやすく話ができました。

 

講義の後はみなさんと一緒にスイカやデザートをごちそうになりながら、交流ができました。

 

170815_01

医療の質と活動の実態調査・改善事業について

2017年08月14日 | カテゴリ : お知らせ

当院では、より質の高い医療・公衆衛生の向上のため、私達が行っている医療の内容を客観的に評価しながら、さらに改善させていくことが大事だと考えております。

 

そこで、当院では研究機関と協力して、お受けになった入院および外来診療に関するデータを完全に匿名化した状態で収集して客観的に分析し、医療や施設運営の質を一層向上させることをめざしております。

 

 

研究参加と既存情報の提供についての公開情報

 

①(試料・情報の利用目的及び利用方法、他の機関へ提供方法):
匿名化された診療報酬データ(DPCデータ)を、医療の質と活動の実態調査を行い公衆衛生の向上に与する目的に、暗号化通信による電子的送付あるいは追跡可能な宅配等により、京都大学へ提供する

 

②(利用し、又は提供する試料・情報の項目)
厚生労働省により規定され作成されたDPCデータ(年齢・性別、病名、手術・処置・薬剤等の種類、外来受診回数、入院期間、医療費など)

 

③(利用する者の範囲):
「医療の質と経済性に関する実態調査」を実施する研究者
研究責任者:京都大学大学院医学研究科医療経済学分野教授 今中雄一
研究実施体制は研究責任者によるホームページをご参照ください
http://med-econ.umin.ac.jp/disc/


④(試料・情報の管理について責任者):
愛媛生協病院 院長 今村 高暢

 

 

本件にご質問・ご意見がございます場合には、医療福祉相談室 窓口まで、お問い合わせください。

第25回 子ども保健大学を開催しました!

2017年08月10日 | カテゴリ : お知らせ

今回のテーマ「必ず来る巨大地震 その時僕たちは」

小学校5.6年生を対象に、毎年実施している子ども保健大学も25回目を迎えました。
今回のテーマは、熊本地震から1年が過ぎ、震災を忘れないために、また必ず来ると言われている南海トラフ地震を想定し、震災について学びました

 

170810_01

 

当院から熊本地震の支援には5名参加と支援物資を送りました。今回は支援した看護師からの報告もあり、当時の状況が少しでも理解してもらえのではないかと思います
昼食は、アルファー米・野菜スープ・缶詰めで体験!容器もペットボトルで作りました。

 

170810_02

 

また、松山南消防署からはレスキュー車と起震車で災害体験をさせていただきました。
避難訓練の練習も行い、いざという時の行動が身につきました。協力いただいた、松山南消防署の皆さん、有難うございました。

 

170810_03 170810_04

Copyright © 2012 EHIME SEIKYO HOSPITAL. All Rights Reserved